農林害虫防除研究会 第1回殺虫剤抵抗性対策シンポジウム オンライン開催のお知らせ(第1報)

農林害虫防除研究会の専門委員会「殺虫剤抵抗性対策タスクフォース」では,第1回殺虫剤抵抗性対策シンポジウムをオンライン(Zoom)で開催します。現時点での開催概要をお知らせします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

・日時: 2021年12月17日(金)9:45~17:00
・後援: 日本植物防疫協会,日本農薬学会,日本応用動物昆虫学会
・内容: 講演6題,および総合討論

  講演1 IPMを考慮した殺虫剤抵抗性管理の実践と連携を!(開催にあたって)
      山本敦司ら(シンポジウム実行委員会)
  講演2 農林水産省における薬剤抵抗性対策に向けた取組み状況(仮題)
      岡田和秀(農林水産省消費・安全局 植物防疫課)
  講演3 GAP における IPM と薬剤抵抗性病害虫管理(仮題)
      鈴木啓史(殺菌剤耐性菌研究会幹事長,三重県農産園芸課)
  講演4 殺虫剤抵抗性の進化を阻止するための最適な薬剤散布計画 
      山村光司(農研機構-農環研)
  講演5 私の関わった現場の殺虫剤抵抗性対策,千葉県の成功事例(仮題)
      本山直樹(千葉大学名誉教授,東京農業大学総合研-農薬部会長)
  講演6 薬剤抵抗性コナガの過去と現在,これからの防除対策
      上杉龍士(農研機構-東北農研)
  総合討論  テーマ:「殺虫剤抵抗性管理の現場への普及について(仮題)」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

・大会参加費: 農林害虫防除研究会の会員 無料,非会員 1,000円
・参加申込み: 定員500名(先着順)
        農林害虫防除研究会HP(http://agroipm.org/)殺虫剤抵抗性対策
        タスクフォースの項目に申込サイトを準備中

山本敦司(農林害虫防除研究会 殺虫剤抵抗性対策タスクフォース委員)

第30回天敵利用研究会沖縄大会 オンライン開催のお知らせ(第1報)

天敵利用研究会では、第30回大会をオンラインで開催します。

大会参加費は無料の予定ですので、皆さまふるってご参加下さい。
以下に、現時点での概要をお示しします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第30回天敵利用研究会沖縄大会(オンライン開催)
・日時: 2021年12月16日(木)9:00~17:00頃
・内容: シンポジウムおよび一般講演(最大16題程度を予定)
・大会参加費: 無料(予定)
・参加条件: 事前申し込みが必要
・大会参加申し込み: 専用ページ開設予定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンポジウムの内容、参加・講演申し込みの方法など、詳細が決まり次第下記の
研究会ウェブサイトでご案内します。
https://tenteki-ipm.org

大井田寛(天敵利用研究会事務長)

第25回農林害虫防除研究会静岡大会のご案内(6/15開催要領差替え)

第25回農林害虫防除研究会静岡大会を以下のとおりオンライン開催いたします.
皆様ふるってご参加ください.
研究大会参加の申し込み期限は6月30日(水)、一般講演の申し込み・講演要旨提出期限は6月19日(土)です.

日程:令和3年7月14日(水) 9:30~17:05
※終了時刻は一般講演課題申し込み数により変更する場合があります。

〇会場:
【特別講演・一般講演】:オンライン開催(Zoomによるライブ配信)

特別講演テーマ: 「薬剤抵抗性の現状と防除対策」

以下のリンクから開催要領,参加等申込様式,講演要旨作成要領,講演要旨ひな形を入手できます.
開催要領PDF
参加等申込様式 XLSX
講演要旨作成要領PDF
講演要旨ひな形DOCX
※開催要領の大会参加費振込口座の銀行名を旧名(ジャパンネット銀行)のまま記載しておりました。正しくは「PayPay銀行」です。銀行名以外の銀行コードや支店名、口座番号、口座名義人には変更ございません(6/15追記)。

<問合せ先>
静岡大会事務局
静岡県農林技術研究所(担当:土井)
(問合せ先メールアドレスは開催要領をご参照ください。)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の不安が続いています。
農林害虫防除研究会では、この状況を踏まえて静岡大会をオンライン開催することとしました。皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

農薬生物活性研究会から第38農薬生物活性シンポジウムのお知らせ

第38回農薬生物活性シンポジウムが下記のとおりオンライン開催されます。
皆様、ふるってご参加ください。

1.日時:2021年4月23日(金) 10時30分~16時00分
2.形式:オンライン
3.内容:
坂田益朗(新潟市農林水産部農林政策課)
「農業データの一元管理で実現する新潟市のスマート農業」
倉橋 真(住友化学株式会社)
「新規殺菌剤インピルフルキサムの生物活性」
高儀春香(日本農薬株式会社)
「新規ウンカ防除剤ベンズピリモキサン(オーケストラ®フロアブル)の生物活性とその特徴」
大上 恵(ダウ・アグロサイエンス日本株式会社)・彌富丈一郎(全国農業協同組合連合会)
「新規殺虫剤トリフルメゾピリム(ピラキサルト ™)の生物活性」
野本 尚(株式会社エス・ディー・エス バイオテック)
「アミカルバゾンの生物活性」
4.参加申し込み
詳細は以下の案内サイトをご覧ください。 http://pssj2.jp/committee/bioactivity/bioactivity38.html

生物的防除部会(東京農業大学総合研究所)からオンライン講演会開催のお知らせ

東京農業大学総合研究所生物的防除部会の2020年度 第2回オンライン講演会が下記のとおり開催されます。
皆様、ふるってご参加ください。

1.日時:2021年2月24日(水) 11時00分~15時15分
2.形式:オンライン講演会(使用アプリ:ZOOM)
3.内容:
豊田剛己(東京農工大学)
「ダイズシストセンチュウの新規生物的防除法の紹介」
齋藤 裕(北海道大学名誉教授)
「中国モウソウチクにおけるスゴモリハダニの被害とバンカープラントの意義」
伊藤健司(㈱アグリ総研)
「施設栽培で利用できるアブラムシ類天敵製剤の開発と利用法」
山本敦司(日本曹達㈱・生物的防除部会副会長)
「IPMと薬剤抵抗性対策を踏まえた上手な病害虫防除」
4.参加申し込み
詳細は以下の案内サイトをご覧ください。
http://www.ipm-bio.jp/kouen_seminer/kouen_2020_02.html

第25回農林害虫防除研究会和歌山大会の開催中止について

農林害虫防除研究会常任幹事会では、新型コロナウイルス感染症の広がりの現状に鑑み、第25回農林害虫防除研究会和歌山大会の開催を中止することとしましたので、ご了承頂きますようお願いいたします。
なお、次回大会については精査の上、改めてご案内いたします。