農林害虫防除研究会 第2回殺虫剤抵抗性対策シンポジウム 開催のお知らせ(第一報,概要)

 農林害虫防除研究会の専門委員会「殺虫剤抵抗性対策タスクフォース」は,2022年12月に第2回殺虫剤抵抗性対策シンポジウムを開催します。現時点での開催概要をお知らせします。
参加申込方法等は準備が整い次第,農林害虫防除研究会HP(http://agroipm.org/)等にてご案内いたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.日時: 2022年12月22日(木)10:15~16:30
2.開催場所・方法(予定)静岡会場での対面とオンラインのハイブリッド開催
   静岡会場:静岡県男女共同参画センター「あざれあ」
3.主催:農林害虫防除研究会
4.共催:静岡県植物防疫協会
5.後援:日本植物防疫協会,日本農薬学会,日本応用動物昆虫学会,農研機構,
   日本植物病理学会殺菌剤耐性菌研究会
6.開催テーマ:現場における殺虫剤抵抗性対策の実践

7.プログラム: 講演6題,および総合討論
開催にあたって  シンポジウム開催テーマと殺虫剤抵抗対策タスクフォースの活動概要
     山本敦司・土井誠・井口雅裕・野田隆志・山我岳史・片山晴喜
     (シンポジウム実行委員会)
講演1 みどりの食料システム戦略と薬剤抵抗性対策 ― 農林水産省の取組み ―
     岡田和秀(農林水産省消費・安全局 植物防疫課)
講演2 三重県における薬剤抵抗性害虫(チャノコカクモンハマキ・ネギアザミウマ)に対する防除指導の取組みについて
     西野実・田中千春・佐々木綾乃(三重県農業研究所)
講演3 茨城県のネギアザミウマにおける薬剤抵抗性対策と現場への防除指導
     窪田直也(茨城県農業総合センター)
講演4 群馬県のアブラナ科野菜のコナガにおける薬剤抵抗性対策へのJAの取組み
     ― 薬剤感受性検定を活用した営農指導 ―
     内堀知佳・原澤亮太(JA全農群馬県本部)
講演5 IRACコードはどのように審査され決められるのか
      中野元文(日本農薬株式会社, IRAC International MoA Team)
講演6 兵庫県における殺菌剤耐性菌の発生要因解析と発生後の対応
     (殺菌剤耐性菌研究会とのコラボレーション企画)
     内橋嘉一(兵庫県農林水産技術総合センター)
総合討論  テーマ:「殺虫剤抵抗性管理の現場への普及について(仮)」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
第2回殺虫剤抵抗性対策シンポジウム実行委員 山本敦司
(農林害虫防除研究会 殺虫剤抵抗性対策タスクフォース委員,日本曹達㈱) シンポジウム専用アドレス:irm-sympo_2@agroipm.sakura.ne.jp(”@”は半角に変換ください)

第26回農林害虫防除研究会東京大会のご案内

第26回農林害虫防除研究会東京大会を以下のとおりオンライン開催いたします.
皆様ふるってご参加ください.
研究大会参加の申し込み期限は8月4日(木)8月12日(金)、一般講演の申し込み・講演要旨提出期限は7月16日(土)です.

日程:令和4年8月26日(金) 9:30~16:30
※終了時刻は一般講演課題申し込み数により変更する場合があります。

会場:【特別講演・一般講演】:オンライン開催(Zoomによるライブ配信)

特別講演テーマ: 「離島の生態系・農業に及ぼす外来種の影響:小笠原諸島,伊豆諸島を例に」

以下のリンクから開催要領,講演要旨作成要領,講演要旨ひな形を入手できます.

開催要領 PDF
講演要旨作成要領 PDF
講演要旨ひな形 DOCX

参加申し込みについては以下のgoogle Formsより登録をお願いいたします。

https://forms.gle/JsX31R6iCM6c8nx2A

東京大会大会長 法政大学 大井田 寛

<問合せ先>
東京大会事務局
東京都農林総合研究センター(担当:加藤)
(問合せ先メールアドレスは開催要領をご参照ください。)

農林害虫防除研究会 第1回殺虫剤抵抗性対策シンポジウム オンライン開催のお知らせ(第3報)

農林害虫防除研究会の専門委員会「殺虫剤抵抗性対策タスクフォース」では,第1回殺虫剤抵抗性対策シンポジウムを12月17日(金)に,オンライン(Zoom)開催します。
・参加申込〆切を延長しました。定員500名。
・参加申込期限: 会員 12月15日(水), 非会員 12月7日(火)
・参加申込方法が変更となります。
・開催要領・プログラムは,農林害虫防除研究会ホームページをご参照ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〔参加申込方法の変更〕 11月20日(土)以降

・参加申込フォームでの受付は終了しました。
・電子メールにて,下記の要領で必要事項をご記載の上,お申込みください。
  宛先:irm-sympo@agroipm.sakura.ne.jp (シンポジウム専用アドレス)
  件名:「参加申込」
  必要事項
    ①ご氏名(漢字,ひらがな:両方)
    ②メールアドレス
    ③所属名(所属がない場合は,個人)
    ④会員/非会員
    ⑤Zoomミーティングに参加する人数(下記のどちらかを記載)
      PC1台を使用して1人が参加
      PC1台を使用して複数人が参加
    ⑥PC1台を使用して複数人が参加する場合
      (記入例)3人、佐藤一郎・鈴木二郎・高橋三郎
    ⑦非会員の方へ
      参加費の領収書が必要な方は、領収書のあて名をご記入ください。
・大会参加費: 農林害虫防除研究会の会員 無料,非会員 1,000円
 注意:非会員の方へ。参加費は12/14(火)までに速やかにご入金ください。
   入金が確認できない場合は、シンポジウム招待メールをお送りしません
   のであらかじめご了承下さい。
・11/19以降の参加者への事前アンケートは,申し訳ございませんが終了して
 おります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

山本敦司(農林害虫防除研究会 殺虫剤抵抗性対策タスクフォース委員)

第30回天敵利用研究会沖縄大会 オンライン開催のお知らせ(第2報)

天敵利用研究会では、第30回大会をオンラインで開催します。
大会参加費は無料ですので、皆さまふるってご参加、ご講演下さい。
以下に概要をお知らせします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第30回天敵利用研究会沖縄大会(オンライン開催、zoomによるライブ配信)
・日時: 2021年12月16日(木)9:00~17:00
 ※終了時刻は一般講演演題数に応じて変更の場合あり
・内容: 一般講演(先着順、最大16題程度を予定)およびシンポジウム
・シンポジウムのテーマ: 施設および露地での放飼増強法~現状と課題
・大会参加費: 無料
・参加条件: 2021年11月15日(月)までに事前申し込みが必要
・大会参加および一般講演の受付URL:
https://s-kantan.jp/pref-okinawa-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=2042
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンポジウムの内容、参加・講演申し込みの方法など、詳細は下記研究会ウェブ
サイトの「大会案内」をご覧下さい。。
https://tenteki-ipm.org

大井田寛(天敵利用研究会事務長)

第25回農林害虫防除研究会静岡大会のご案内(6/15開催要領差替え)

第25回農林害虫防除研究会静岡大会を以下のとおりオンライン開催いたします.
皆様ふるってご参加ください.
研究大会参加の申し込み期限は6月30日(水)、一般講演の申し込み・講演要旨提出期限は6月19日(土)です.

日程:令和3年7月14日(水) 9:30~17:05
※終了時刻は一般講演課題申し込み数により変更する場合があります。

〇会場:
【特別講演・一般講演】:オンライン開催(Zoomによるライブ配信)

特別講演テーマ: 「薬剤抵抗性の現状と防除対策」

以下のリンクから開催要領,参加等申込様式,講演要旨作成要領,講演要旨ひな形を入手できます.
開催要領PDF
参加等申込様式 XLSX
講演要旨作成要領PDF
講演要旨ひな形DOCX
※開催要領の大会参加費振込口座の銀行名を旧名(ジャパンネット銀行)のまま記載しておりました。正しくは「PayPay銀行」です。銀行名以外の銀行コードや支店名、口座番号、口座名義人には変更ございません(6/15追記)。

<問合せ先>
静岡大会事務局
静岡県農林技術研究所(担当:土井)
(問合せ先メールアドレスは開催要領をご参照ください。)

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の不安が続いています。
農林害虫防除研究会では、この状況を踏まえて静岡大会をオンライン開催することとしました。皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

農薬生物活性研究会から第38農薬生物活性シンポジウムのお知らせ

第38回農薬生物活性シンポジウムが下記のとおりオンライン開催されます。
皆様、ふるってご参加ください。

1.日時:2021年4月23日(金) 10時30分~16時00分
2.形式:オンライン
3.内容:
坂田益朗(新潟市農林水産部農林政策課)
「農業データの一元管理で実現する新潟市のスマート農業」
倉橋 真(住友化学株式会社)
「新規殺菌剤インピルフルキサムの生物活性」
高儀春香(日本農薬株式会社)
「新規ウンカ防除剤ベンズピリモキサン(オーケストラ®フロアブル)の生物活性とその特徴」
大上 恵(ダウ・アグロサイエンス日本株式会社)・彌富丈一郎(全国農業協同組合連合会)
「新規殺虫剤トリフルメゾピリム(ピラキサルト ™)の生物活性」
野本 尚(株式会社エス・ディー・エス バイオテック)
「アミカルバゾンの生物活性」
4.参加申し込み
詳細は以下の案内サイトをご覧ください。 http://pssj2.jp/committee/bioactivity/bioactivity38.html